プロフィール

子育てアドバイザー/キャリアコンサルタント

育児情報誌「ninaruマガジン」エグゼクティブアドバイザー

NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事

NPO法人ファザーリング・ジャパン理事 マザーリングプロジェクトリーダー

NPO法人タイガーマスク基金理事

NPO法人子どもすこやかサポートネット副代表

にっぽん子育て応援団運営委員 ほか

研究班/厚労科研立花班「健やかな親子関係を確立するためのプログラムの開発と有効性の評価に関する研究」研究協力(2017年~)

資格は認定子育てアドバイザー、保育士、幼稚園教諭2種、社会教育主事(任用)、ピアヘルパーなど。

株式会社リクルートで学校・企業情報誌の編集にたずさわり、妊娠・出産を機にフリーとなる。全国13万部発行の「育児情報誌miku」編集長として14年活躍。現在は、育児誌を中心に編集・執筆を続けながら、子ども虐待防止と、家族の笑顔を増やすため「叩かない子育て講座」「ワーク・ライフ・バランス講座」「女性活躍推進講座」「イクボス講座」などの講演活動を行ったり、地元では男女共同参画推進委員会委員、またファミリーサポートの提供会員として不定期でボランティア活動も行う。

地方紙で「育児コラム」の連載、オールアバウト「子育て」ガイドとしての記事執筆、著書は『イラストでよくわかる感情的にならない子育て』(かんき出版)、編著は『ママの仕事復帰のために パパも会社も知っておきたい46のアイディア』(労働調査会)、『パパ1年生』(かんき出版)、『新しいパパの教科書』(学研)ほか。3児の母。

役職履歴 NPO法人ファザーリング・ジャパン 創設メンバー、とうきょう子育てスイッチ(東京都・子育て応援とうきょう会議)統括プロデューサー(2008年10月~2012年3月)、とうきょう子育てスイッチ(東京都福祉保険局・子育て応援とうきょう会議)リニューアル等検討会 委員長(2013年3月任期満了)、虐待防止のための「子育て・女性健康支援センター」事業推進委員会(社団法人日本助産師会2012年度事業)委員(2013年3月任期満了) 、足立区男女共同参画委員(2017年4月~、2020年~副委員長)、にっぽんネウボラネットワーク副代表(~2020年3月)、足立区子ども支援専門部会委員(2019年~)、「体罰等によらない子育ての推進に関する検討会」委員(厚生労働省2019年度)、「企業主導型保育事業点検・評価委員会」委員(内閣府2019年~)など

 

学会誌・専門誌への論文・寄稿

■子どもの虐待とネグレクト

子どものすこやかな成長発達を促す親支援と、親向けプログラムの定着と普及について

『子どもの虐待とネグレクト2020年22巻1号』(日本子ども虐待防止学会)

■地域保健

<座談会>なぜ体罰はいけないか~逆境的小児期体験が及ぼす影響と虐待予防

『地域保健2020年7月号』(東京法規出版)

■助産雑誌

男性育休が推進される中で求められる両親学級とは

『助産雑誌2020年9月号』(医学書院)

子どもへの体罰禁止が、2020年4月からいよいよスタート

『助産雑誌2020年4月号』(医学書院)

両親学級から始める子育て支援~明日から使えるグループワークのコツ

『助産雑誌2019年9月号』(医学書院)

■日本家庭教育学会

「体罰によらない子育てをすすめるために-虐待死をなくし、子どもを健やかに育む方策-」(2019年8月)

「虐待防止のための妊娠期からの啓発について-児童虐待を起こさない・起こさせないために-」(2017年7月)